ツーリング情報

新着情報

お盆時期 営業日のお知らせ

2016年8月5日

8月13日  通常営業



8月14、15、16、17日  お休み



8月18日  通常営業



となっております。



ご不便おかけいたしますが 宜しくお願いします。

行って参りましたッ!!

2016年8月5日

ど~も~paper

「会いにいける店員」 やらせていただいてます。どうがんですrun


先日31日 「お帰り名松線&あまご食べに行こッ」ライドbicycle


お天気にも恵まれ無事開催する事が出来ましたsign01smile


























































暑かったです。sun
あまごfish美味しかったです。

名松線 ちらっと見えました。eye
そして なによりとにかく‥  楽しかっです。happy02


お世話になった 大吉さん 並びに参加、ご協力頂いた皆様 ありがとうございましたflair
また 行きましょね~scissors

Merida dealers camp 2017

2016年8月1日

先日メリダの展示試乗会へ行ってきました。

個人的に気になったのは、新しくなったスクルトゥーラのカーボンモデル。




スクルトゥーラ6000。鮮やかな青。去年のロードバイクにはなかった色合いでさわやかな印象。




対してこちらのスクルトゥーラ4000は渋い銀色とメリダらしい黄緑。




そして最近よくニュースで見かけるこのカラーリング。スクルトゥーラ5000はチームレプリカとなってます。


どれもかっこいい自転車です。そして見た目以上の性能を持ち合わせています。

今年の6000、5000、4000は新しくなったCF2カーボンのフレームを使用しています。

上位機種であるCF4、CF5の形状を踏襲し(リヤブレーキはキャリパー仕様)、フレーム重量も軽くなしました。タイヤも28mmまで装着可能との事。

実際に試乗してみたところ今までよりかっちりと前に進む印象でした。今年のカーボンもいい感じ。ホイールを変えたら化けますね。


一方、アルミモデルも昨年までのCF2カーボンモデルを踏襲したフレームにモデルチェンジしました。



スクルトゥーラ400は弱点であったブレーキがシマノ製になり更に操作性が向上。



そして、小柄な方向けのスクルトゥーラ410が新しく追加されました。


discロードもラインナップが増えました。



ハイエンドモデルのスクルトゥーラチームのdisc仕様。
リアブレーキには放熱フィンが搭載され安定した制動力を発揮します。




スクルトゥーラ4000と700にもdisc仕様が有ります。写真は700。




面白い進化を遂げたライドdiscアドベンチャー。
28cタイヤを履いたグラベルロードに仕上がっています。

MTBでは一際目を引いた一台が。




このビッグトレイル。一瞬リアサスなのかと思うような特徴的なフレーム。幅広な3,0インチのタイヤを履いており、下りは楽そう。でも上りは重そう。
実際に乗ってみると見た目ほど上りがきついわけではなく、むしろ太いタイヤ故の走破性が光る自転車でした。
トラクションを効かせていけばかなり上れそうです。その点は中級者から上級者向けと言えそうですが、下りの安定性はピカイチ。初心者の方も安心して下れます。

今年も隙の無いラインナップのメリダ。是非ご検討下さい。

  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールフォームからのお問い合わせはこちら