ショップインフォメーション

新着情報

いまさら~(‘;’) 完結編

2017年10月2日

無事 16日の夜には三重県に帰って来たどうがんでしたが……

話はここからはじまるのでしたshockshockshock
旅の疲れをとるべく この日の夜はしっかりと休むことにnight
翌日 このままだと里帰りライド以来まったく自転車に乗っていない状態で19日のシマノ鈴鹿を迎えてしまうため いつもの練習コースを1時間半ほど 最終調整として走る事に。

しかし…これがマズかったbomb
翌 18日 「朝、目を覚ますと何とも言えない全身の倦怠感 そして熱っぽく 頭がボーっとし、歩くのが精一杯wobbly」PART2sign01sign01
あれsweat01 今日って13日…… いや、違う違う 自問自答しながら 這いつくばりながらお店へ

か~ら~の~




またしてもお昼まででギブアップsign01sign01sign01 出ました でじゃぶ~cryingcryingcrying
あまりにも楽しすぎて&嬉しすぎて 里帰り’S HIGHという名の影に隠れていた体調不良が 四国の山奥で震える事によって増幅し、不要な最終調整によって、堰を切った様に一気に襲ってきたのでしたcryingsign03
明日にシマノ鈴鹿という大事なイベントを控えた前日に… またしても回復を信じて寝込むことにsleepy
結果 今年こそは「入賞sign01」と個人的にこっそりエントリーしていた5周の部はDNSweep
スタッフみんなで挑む 2時間エンデューロ スタート時間ギリギリにサーキットに到着する始末dash
へろっへろのふらっふらで 最後まで走り切るのが精一杯wobbly 結果は野々山ブログ ☞「シマノ鈴鹿初参戦」にて

ご迷惑をおかけした皆様 本当に申し訳ございませんでしたdownshock
その後 熱っぽさはすぐひいたものの 鼻水と喉の痛みは1週間ほど続き せきに至ってはひと月近く続き 完全に治ったのは9月の中頃という醜態hospital
今まで経験したことのない長さの「しんどいトンネル」でした。

new 2017年 夏  どうがんは帰省ライドを通して たくさんの事を学びました。

・無茶をしてはいけないという事

・夏とはいえ 四国の山奥+夜+雨=震えるという事

・高知まで20時間で帰ることが出来る事

・知らないうちに和歌山県がサイクリング王国になっていた事

・「風邪は走りながらでも治ります」という名言を生み出したものの それはユートピアだったという事

・速水もこみち先輩がプレミアムディナー&トークライブなるものを開催しており、お一人様18000円だという事

おまけheart04

※このシマノ鈴鹿の悔しさは 11/23 (木) 鈴鹿エンデューロ秋SPで暴れて はらしてやろうと思っております。

トロッフェバラッキにて 出場予定ですので 是非 見に来てね~note
どうがん

  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールフォームからのお問い合わせはこちら