ショップインフォメーション

新着情報

3度目の正直は幻に…_| ̄|○  part1

2018年6月1日

まぼろし~dashどんだけ~dash背負い投げ~dashimpactsign03








という事で 今年も走って参りましたョflair



日本一過酷sign02 との呼び声高い



「SDA in王滝 クロスマウンテン100㎞sign03sign03





↑コチラは去年の様子です。



今一度 このレースの説明をさせて頂きますとflair




御嶽山を望む 長野県 王滝村にて開催されるマウンテンバイク耐久レースsign01



↑の写真の様なガタガタ道を アップアップアップup ダウンダウンdown アップアップアップアップup ダウンdown…と


登りは ただただ エライwobblysign03


下りは下りで 少しでもハンドル操作を間違うと クラッシュ&血だらけ という恐怖との闘いのなか猛スピードで攻めますsign03




(※実際 ↑の写真の様な走りやすい 天国のような区間はほんの一部しかなく


それ以外の大半の部分が端の方に積まれてあるゴロゴロした石の上を走るようなトコばかり) マジよん((+_+)))



そんな100㌔をひたすら登っては ひたすら下るという


気の遠くなる なかなかハードで過酷なレースでして…bearing



しかしながら 壮大な景色の中 自分を限界まで追い込み 完走してしまったら最後run



次の年も勝手に無意識のうちにエントリーしてしまっているという



麻薬の様な 中毒性のある恐ろしいレースでございます。







そんな王滝100キロレースの 頑張り度合を表す指標として




・第一段階は まず 3つの足切りチェックポイントを制限時間内に通過し


10時間以内に「完走」出来るか出来ないかthunder




・そしてその次に 7時間以内に完走する事


(秋の120㌔への挑戦権が与えられます)



・その次は6時間以内、・次は5時間以内=上位入賞



といった感じであり



優勝を争うプロ選手は例年 4:30前後で走破致しちゃいますsweat01 凄すぎるwobbly




100キロ部門だけでも毎年おおよそ800~900人がエントリー




そんな大会に挑むこと 今年でthree回目




初参加の一昨年は 6:35で130位




第2回目の去年は6:20で85位




そして3度目の正直の今年こそは 何としても何としても 念願の「6時間切りsign03sign03




これが 去年のレースをゴールした瞬間からの目標で 1年を過ごしてまいりました。





そんなこんなでレース前日




いざ レースに向け 王滝村へレッツゴー~sign01rock





さぁ どうなるtyphoon




どうがんの3度目の正直dash 目標の6時間切りの行方~secret



to be continued





  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールフォームからのお問い合わせはこちら